店舗設計でよく使われる材質を、詳しく丁寧に解説するサイト『店舗設計・材質用語集』
店舗設計でよく使われる材質を、詳しく丁寧に解説するサイト『店舗設計・材質用語集』

店舗には多くの飲食店や物販店を始め、エステサロンや美容室・クリニック、各種スクール、
アミューズメント施設などたくさんの形態があります。
これらの店舗を個人で作る事はとても大変な作業になります。
店舗設計は人が集まる空間作りが重要となるのですが、初めての店舗だとわからないことが
多く、プロである業者に頼ることになるでしょう。
レイアウトや材質、設備などはどうするかといった店舗設計は、業者との話し合いの中で
決まっていくことになります。
しかし聞きなれない用語も多く、なかなか理解出来ない場合もあります。
そこでこのサイトでは店舗設計とそこで使われる材質などの用語解説をしますので、これから
店舗を持とうとお考えの方は参考にしてください。

基本設計

施主の意図を十分理解した上で平面計画、仕上げ材などの基本構想をまとめ、店舗の構成を具体化した設計図書を作成することになります。

工事監理

工事監理とは、設計図書の通りにつくられているかどうかを確認・検査し、設計内容が不明確な点や不備不足な点を修正する業務のことです。

オーク

オークとは広葉樹の常緑高木で、白色または赤みを帯びている物を指します。硬質で耐久性があるので、彫刻を施して家具として使われます。

ワイピング壁紙

ワイピング壁紙とは、インキをエンボス加工にしたベースの凹部に入れ、凸部はふき取って色付けをする方法です。

基本設計図

基本設計図とは、設計の初期段階で施主に対して行われるプラン提案や打ち合わせのために作成される基本的な図面のことです。

工事施工者

工事施工者とは、実際に建物の工事をする人や会社のことです。会社である場合は施工会社とも呼ばれます。